頻尿 トイレが近い 男性 尿漏れ 対策

最も悩んでいる人の数が多いのが夜間頻尿

もしあなたが、おしっこがしたくて、夜に何度も起きてしまい、そのことに困っているのなら、「夜間頻尿」という排尿障害の一つだといえます。

 

この「困っている」「悩んでいる」というところがポイントで、一度起きるとなかなか寝付けなかったり、睡眠不足で翌日の生活に差し支えたりする場合を指します。

 

実は、あらゆる排尿障害の中で、最も悩んでいる人の数が多いのがこの夜間頻尿なのです。

 

そもそも頻尿とは、「尿が近い、尿の回数が多い」症状のことです。頻尿は加齢とともに増加しますが、夜間頻尿も40代では約4割、70代になると約8割の人に症状が見られるというデータが出ているのです。

 

夜間頻尿と聞くと、前立腺肥大症(膀胱下にあるクルミ大の器官である前立腺が加齢とともに肥大する男性特有の病気)との関係から、男性に多いというイメージを持たれがちです。

 

しかし実際は、男女差はほとんどなく、夜間頻尿は中年以降になると、男性も女性も多くの人が悩まされる症状なのです。

夜間頻尿の原因は2種類

夜間頻尿の原因はさまざまですが、大きく、次の二つに分けることができます。

 

・睡眠中に尿量が多くなる「夜間多尿」

 

・少量しか尿をためられなくなる「膀胱異常収縮」

 

後者の膀胱異常収縮は、膀胱が収縮したり、過敏になったりしておしっこをためておく「容量」が低下し、それが頻尿につながります。これらは、男性の前立腺肥大、女性に多い過活動膀胱(膀胱に尿がじゅうぶんたまる前に強い尿意切迫感が起こり尿をもらしてしまう病気)、脳や脊髄の病気などで引き起こされます。

 

一方、前者の夜間多尿は、まぎれもなく「尿量」が多くなる症状です。しかも、本来、夜間に増えるはずのない尿量が、夜間に増え過ぎてしまう状態を指します。こういった患者さんが、かなり増えてきています。

足のむくみは夜間頻尿へ直結しやすい

この「夜間に増えるはずのない尿量が、夜間に増え過ぎる状態」はなぜ起こるのか。

 

その正体は、むくみ(浮腫)です。なかでも、足のむくみは、夜間頻尿へ直結しやすいので注意が必要です。

 

体のむくみとは、細胞間質液(細胞と細胞のすきまを満たす液体)と、血液に含まれる水分の浸透圧のバランスがくずれたことで、細胞間質液が増え過ぎてしまうことによって起こる症状です。

 

むくみの原因は、腎臓や肺、心臓などに疾患がある場合もありますが、冷え、運動不足、出産、水分や塩分の取り過ぎでも起こります。ほかに、加齢とともに血管が硬くなる動脈硬化が進んだことで起こることもあります。

 

では、足のむくみが、なぜ夜間頻尿に直結しやすいのでしょうか。

寝る前に足のむくみを取ること

通常、私たちが睡眠をとるときには、それまで立って活動していた体を、横にします。こうなることで、足より高い位置にあった心臓が、足の高さと同じ位置になります。

 

その結果、足から心臓に戻る血液(静脈)の流れが一気によくなります。この時足がむくんでいると、たまり過ぎていた細胞間質液が血管内にどんどん流れ込んでいきます。

 

足のむくみにとっては、それが解消されることはいいことなのですが、この多量に流れ込んだ水分(細胞間質液)が尿となり、夜間多尿の原因となってしまいます。入眠して数時間後、膀胱におしっこがたまっていっぱいになり、尿意で目が覚めてしまうのです。

 

長く夜間頻尿に悩まされてきたかたは、まずは足のむくみを疑ってみるべきです。

 

思い当たることがあるようなら、次の二つを心がけてみましょう。

 

・就寝前に、足のむくみを取るようにすること

 

・そもそも、日中に足がむくまないようにすること

 

このような工夫をすることで、夜間頻尿を改善に導くことができるでしょう。

スポンサーリンク

夜間頻尿の原因は足のむくみだった関連ページ

女優の沢田亜矢子さんも実感!「脳活スクワット」で夜間頻尿がなくなり、昼間のトイレの回数も減ってきた
脳括スクワットは、膀胱の周りにある括約筋を鍛えるので、頻尿には効果的です。
排尿トラブルのほとんどの原因は「前立腺肥大症」
前立腺肥大症にかかると、排尿機能に加えて生殖機能も衰えてしまい、男性の機能がことごとく弱く、削がれてしまうのです。
日本人はは欧米人に比べ前立腺肥大症の症状が強い
自分がどの程度の症状なのかを知る方法としては、「国際前立腺症状スコア」というチェック法を用いるのが一般的です。
女性の尿失禁の3分の1以上を占める腹圧性尿失禁の7割は体操で解消できる
骨盤底筋体操は、どこでも簡単に、短時間でできる体操ですが、毎日継続して行うことが大切です。
尿もれや頻尿がおきる過活動膀胱は40代以上の男女の8割に症状がある
過活動膀胱の症状と治療
中高年女性に多い混合性尿失禁は日常生活の見直しも大事
腹圧性尿失禁と過活動膀胱が同時に現れるこのタイプは一種の生活習慣病
夜間頻尿を解消するための足のむくみ対策
続けられそうな改善法から始めてみてみましょう。