頻尿 トイレが近い 男性 尿漏れ 対策

原因がはっきりしない過活動膀胱

過活動膀胱は、何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱が過剰に活動して収縮してしまうため、尿もれや頻尿が起こります。

 

強い尿意が不意に訪れる(尿意切迫感)、トイレまでがまんできずにもらしてしまう、トイレが近くなるなどが、代表的な症状です。

 

尿もれを伴う「ウエットタイプ」と、尿もれが起きず切迫感や頻尿が主症状の「ドライタイプ」の2種類に分けられます。

 

過活動膀胱は、原因がはっきりしないものが大半ですが、脳の微細な血管が詰まるラクナ脳梗塞や、脳血管疾患を発症した後に、症状が現れることもよくあります。

 

女性だけでなく男性にも広く見られ、40歳以上の男女の8人に1人が過活動膀胱の症状がある、との調査もあります。

水道の音を聞いてトイレに行きたくなる

・トイレまで余裕を持てずに、急いで排尿することがある

 

・強い尿意があったとき、がまんしきれずにもらすことがある

 

・尿もれはないが、トイレに頻繁に行く(1日8回以上)

 

・水道の音を聞いて、不意に排尿したくなる

 

これらの症状に一つでも当てはまるものがある人は、過活動膀胱と考えられます。

 

過活動膀胱は、排尿筋(膀胱平滑筋:ぼうこうへいかつきん)が過剰に収縮してしまうため、膀胱に尿をためられる量が少なくなります。その結果、急に尿意を感じたり、トイレの回数が増えたり、尿をがまんできずもらしてしまうなどの症状が現れます。

過活動膀胱の治療

過活動膀胱の治療には、膀胱の過敏さを和らげ、排尿筋の緊張をゆるめて膀胱を広げる薬が処方されます。この薬はかなり有効で、薬の服用だけで症状が治まるケースも多いです。

 

医療機関で確実に診断し処方してもらうことをお勧めしますが、どうしても行けない場合は、上記のような、市販薬を利用するのも手でしょう。

 

女性の場合、加齢や出産により、膀胱や子宮、尿道などを支えている骨盤底筋が弱ったり、損傷したりすることで、排尿メカニズムがうまく働かなくなり、過活動膀胱が起こることもあります。

 

この場合は、骨盤底筋体操が効果的で、体操だけでも尿もれや頻尿などの症状が大幅に改善します。

スポンサーリンク

尿もれや頻尿がおきる過活動膀胱は40代以上の男女の8割に症状がある関連ページ

女優の沢田亜矢子さんも実感!「脳活スクワット」で夜間頻尿がなくなり、昼間のトイレの回数も減ってきた
脳括スクワットは、膀胱の周りにある括約筋を鍛えるので、頻尿には効果的です。
排尿トラブルのほとんどの原因は「前立腺肥大症」
前立腺肥大症にかかると、排尿機能に加えて生殖機能も衰えてしまい、男性の機能がことごとく弱く、削がれてしまうのです。
日本人はは欧米人に比べ前立腺肥大症の症状が強い
自分がどの程度の症状なのかを知る方法としては、「国際前立腺症状スコア」というチェック法を用いるのが一般的です。
女性の尿失禁の3分の1以上を占める腹圧性尿失禁の7割は体操で解消できる
骨盤底筋体操は、どこでも簡単に、短時間でできる体操ですが、毎日継続して行うことが大切です。
中高年女性に多い混合性尿失禁は日常生活の見直しも大事
腹圧性尿失禁と過活動膀胱が同時に現れるこのタイプは一種の生活習慣病