頻尿 トイレが近い 男性 尿漏れ 対策

おなかに強い力がかかったときに、尿をもらしてしまう

中高年の女性の尿もれで、最も多いのが腹圧性尿失禁です。女性の尿失禁の3分の1以上が、このタイプです。

 

同様に多いのが過活動膀胱で、両方の混合されたもの(混合性尿失禁)が、それに続きます。

 

混合型も含めると、尿失禁に悩む女性の約7割に、腹圧性尿失禁が見られます。

 

腹圧性尿失禁の最大の特徴は、おなかに強い力(腹圧)がかかったときに、尿をもらしてしまうことです。

 

・重いものを持ち上げたり、動かしたりしたときに、尿をもらしたことがある

 

・セキやくしやみ、大笑いをしたときに、もらしたことがある

 

・走ったり、運動したりしたときに、もらしたことがある

 

これらの症状に一つでも当てはまるものがある人は、腹圧性尿失禁と考えられます。

腹圧性尿失禁には、骨盤底筋体操がきわめて有効

腹圧性尿失禁の治療には、薬はほとんど効果がありません。

 

症状があまりに深刻な場合は手術という選択肢もありますが、まず最優先で試みていただきたいのが、骨盤底筋を鍛える骨盤底筋体操です。

 

腹圧性尿失禁には、この体操がきわめて有効です。

 

腹圧がかかると尿がもれてしまう大きな原因は、骨盤の底の部分にハンモック状に広がり、膀胱や子宮、尿道などを支えている骨盤底筋と呼ばれる筋肉群が、加齢や出産の影響で衰えてしまうことです。

日常動作のついでに骨盤底筋体操をするのがコツ

骨盤底筋は、骨盤内の臓器を正しい位置に支えるとともに、尿道や肛門を締める働きをしています。骨盤底筋のカが弱ると、ちょっと腹圧がかかっただけで尿道がゆるみ、尿がもれてしまうわけです。

 

したがって、骨盤底筋体操で骨盤底筋を鍛えることにより、腹圧性尿失禁の改善や予防ができます。腹圧性尿失禁の人の約7割は、尿失禁体操だけで尿もれが改善します。

 

骨盤底筋体操は、どこでも簡単に、短時間でできる体操ですが、毎日継続して行うことが大切です。起床時やテレビを見るとき、通勤電車の中など、毎日の習慣となっている行動のついでに体操を行うと、忘れず続けやすいでしょう。

スポンサーリンク

女性の尿失禁の3分の1以上を占める腹圧性尿失禁の7割は体操で解消できる関連ページ

女優の沢田亜矢子さんも実感!「脳活スクワット」で夜間頻尿がなくなり、昼間のトイレの回数も減ってきた
脳括スクワットは、膀胱の周りにある括約筋を鍛えるので、頻尿には効果的です。
排尿トラブルのほとんどの原因は「前立腺肥大症」
前立腺肥大症にかかると、排尿機能に加えて生殖機能も衰えてしまい、男性の機能がことごとく弱く、削がれてしまうのです。
日本人はは欧米人に比べ前立腺肥大症の症状が強い
自分がどの程度の症状なのかを知る方法としては、「国際前立腺症状スコア」というチェック法を用いるのが一般的です。
尿もれや頻尿がおきる過活動膀胱は40代以上の男女の8割に症状がある
過活動膀胱の症状と治療
中高年女性に多い混合性尿失禁は日常生活の見直しも大事
腹圧性尿失禁と過活動膀胱が同時に現れるこのタイプは一種の生活習慣病