頻尿 トイレが近い 男性 尿漏れ 対策

骨盤底筋体操の基本的なやり方

それではさっそく、骨盤底筋を鍛える体操の方法を説明していきます。

 

この体操は骨盤底筋を意識して締めつけることで、これを鍛えます。体操をするときの姿勢によって4つのバリエーションがあるのですが、基本的な方法は同じです。そこで、まず体操の基本的な方法について、具体的に説明します。

 

1、まず、身体のカを抜いてください。緊張していると、骨盤底筋をうまく締められないからです。リラックスするために、大きく深呼吸するといいでしょう。また、一度全身に思いきりカを入れて、それからカを抜くのもいいです。

 

2、次に、身体のカを抜いたまま、背筋を伸ばし、足を肩幅くらいに開きます。

 

3、この状態で、肛門をを締めます。

 

4、肛門を締めたまま、5秒間がまんします。

 

5、5秒経ったら、締めた筋肉をゆっくりとゆるめます。

 

6、ここまでの動作を、何度も繰り返します。

 

以上が、骨盤底筋体操の基本的なやり方です。肛門を締める、という感覚が初めはわかりにくいかもしれません。そんな人はトイレに行ったときに、おしっこを止めてみてください。骨盤底筋がかなり弱っている人はなかなか止まらないかもしれませんが、おしっこの勢いが弱くなれば大丈夫です。そのときの感覚が肛門を締めるということですから、覚えておきましょう。

骨盤底筋体操の基本関連ページ

骨盤底筋と尿もれの関係
骨盤底筋体操は自宅で頻尿・尿もれを改善したい 男性にとって理想的な体操です。
あきらめてしまう気持ちが最大の敵
骨盤底筋体操は自宅で頻尿・尿もれを改善したい 男性にとって理想的な体操です。
4つの体操の方法
骨盤底筋体操は自宅で頻尿・尿もれを改善したい 男性にとって理想的な体操です。
体操の種類より回数が大切
骨盤底筋体操は自宅で頻尿・尿もれを改善したい 男性にとって理想的な体操です。
ダイエットと頻尿・尿もれ
骨盤底筋体操は自宅で頻尿・尿もれを改善したい 男性にとって理想的な体操です。
ダイエットを行うときの注意点
骨盤底筋体操は自宅で頻尿・尿もれを改善したい 男性にとって理想的な体操です。
腰に負担をかけない体操
骨盤底筋体操は自宅で頻尿・尿もれを改善したい 男性にとって理想的な体操です。
練習スケジュールの考え方
骨盤底筋体操は自宅で頻尿・尿もれを改善したい 男性にとって理想的な体操です。