過活動膀胱/男性に多い排尿の病気

過活動膀胱とは

過活動膀胱とは、膀胱が過敏になって、尿がたまらないうちにトイレに行きたくなる病気です。

 

40歳以上の男性女性の8人に1人が、過活動膀胱の症状をもっていることが、最近の調査でわかりました。実際の患者さんの数は、800万人以上ということになります。

 

男性の場合、前立腺肥大症があって過活動膀胱の症状がある人と、前立腺肥大症はなく過活動膀胱の症状だけがある人がいます。

 

主な症状は、急に我慢ができないほど強い尿意が起きる「尿意切迫感」、排尿回数が多すぎる「頻尿」、尿意切迫感と同時かその直後に尿漏れを起こす「切迫性尿失禁」の3つです。

 

特に尿意切迫感が重視され、これに加えて他のどちらかがあれば、過活動膀胱と診断されます。

過活動膀胱の原因

原因として多いのは、加齢と骨盤底の緩みで、非神経因性に含まれます。また、神経因性のものとして、パーキンソン病、脳血管疾患、脊髄の障害といったものがあります。

 

「骨盤底の緩み」については、通常、骨盤内の膀胱や直腸、女性では子宮なども含む骨盤内臓器は、下から「骨盤底」で支えられています。これが緩むと腹圧がかかったときに尿漏れしやすくなります。

 

特に女性は、尿道口と肛門のほかに膣もあるために骨盤底の緊張が男性より保たれにくく、さらに、妊娠で骨盤底に大きな負担がかかり、出産時に傷ついてしまうため、尿道が締まりにくくなります。

 

そのため、膀胱が不安定になって排尿のメカニズムがうまく働かなくなったり、くしゃみや咳で尿漏れを起こす「圧迫性尿失禁」を起こしたりしやすくなり、尿漏れを気にしてトイレが近い状態になるのです。

 

また、「加齢」が原因の場合もあります。

 

私たちが排尿するときには、尿道は緩み、膀胱は収縮する逆の動きをします。これをコントロールしている自律神経の機能が年をとるにつれて低下し、頻尿や尿漏れなどの誤作動を起こしやすくなるのです。

過活動膀胱の治療

男性の過活動膀胱の治療は、それほど重症でなければ、まず薬物療法を行って、それでも症状の改善が思うように得られない場合に限って手術やその他の治療法を考えるのが一般的です

 

また、「膀胱訓練」、「骨盤底筋体操」などで、機能の弱くなった膀胱や骨盤底筋を鍛えることによって、尿漏れなどの症状を軽くすることもできます。

スポンサーリンク

過活動膀胱関連ページ

前立腺肥大症
おしっこが近い症状やちょっとした尿漏れに悩む男性のために、男性に多い排尿の病気を紹介しています。
尿管結石
おしっこが近い症状やちょっとした尿漏れに悩む男性のために、男性に多い排尿の病気を紹介しています。