男性の尿漏れの原因

排尿後の少量の尿漏れ

尿漏れとは、意識せずに尿が勝手に出てしまう症状です。

 

実はかなりの人が尿漏れで困っているのですが、デリケートな問題のため誰にも相談を出来ずに悩んでいる方が多くいます。

 

女性よりも、男性の方が尿漏れが起こりにくいという特徴がありますが、これは、男性は尿道が長いという特徴があるからです。

 

しかし、男性といえども、たくさん漏れるということでもないが、ちび漏れに秘かに困っている男性がかなりいることが明らかになっています。

 

排尿後尿をしっかり振り切ってペニスを収めて歩き出すと、すぐ少量の尿(1〜2cc)の尿が尿道から出て来て、下着や肌を濡らし困惑し不快感を味わってしまうことがあると思います。。若い男性でも、毎日から“たまたま”までを含めると1〜2割、50歳以上になると3〜4割の方が経験しているようです。

 

これは、長い男性尿道の奥の部分・球部がやや広くなっており、最後にそこに残った尿を球部括約筋が水鉄砲の様に絞り出しているのですが、年をとるにつれその筋力が衰えてきて、絞り出し力が弱くなり、少量の尿が出しきれず残ってしまうためです。

 

この少量の排尿後の尿漏れは、医学的検査では異常が無く、特に心配するほどのことではありません。

前立腺肥大症

男性の尿漏れの原因のもう一つには前立腺肥大症があります。

 

これは、膀胱出口が狭くなって尿が出にくくなっているために、膀胱が毎日頑張って尿を出そうとする習慣がついてしまっているのです。いわゆる過活動膀胱の状態です。

 

尿がそれ程溜まっていなくても、イライラしたり、ちょっとした心理的ストレスがあったりすると、急に切迫性尿意が出て、我慢が出来なくなり、トイレに走っても便器の前に立つ前に、尿が出てしまうことになるのです。

 

前立腺肥大症の半数の男性はこれを経験しています。

 

この対策のためには、過活動膀胱を解消していかなければなりません。

 

過活動膀胱の代表的な原因である骨盤底の緩みは簡単な体操で改善することができます。

男性の尿漏れの原因関連ページ

男性の尿漏れ対策
おしっこが近い症状やちょっとした尿漏れに悩む男性のために自宅でできる対策方法を紹介しています
尿漏れの種類
尿漏れの種類にもいろいろあります。比較的女性のほうがなりやすいのですが、男性でも尿漏れに悩む人は多いんです。
尿漏れの予防
男性の尿漏れ予防法として、骨盤底筋を鍛えることが簡単な方法です。