頻尿の薬物療法/男性 頻尿 トイレが近い 尿漏れ 対策

過活動膀胱の薬物療法

トイレが近いなどの症状の過活動膀胱には、2種類の薬が用いられています。

 

1つは、「β3(ベータスリー)刺激約」という昨年承認された新薬です。膀胱のβ3アドレナリン受容体に作用して膀胱の緊張を緩め、尿がたくさんためられるようにします。

 

もう一つは、膀胱のムスカリン受容体をブロックして膀胱が勝手に収縮するのを防ぐ「抗コリン薬」で、多種類あります。

男性がかかる前立腺肥大症の薬物療法

前立腺肥大症には、前立腺にあるα1(アルファワン)受容体の働きを抑えて尿を出やすくする「α1遮断薬」や、テストステロン(男性ホルモン)の変換に不可欠な酵素の作用を抑える「5α還元酵素阻害薬」が用いられています。

漢方薬

「おしっこが近い」頻尿の症状に関しては、漢方薬も使われています。

 

よく使われる漢方薬として、「猪苓湯」(ちょれいとう)、「八味地黄丸」(はちみじおうがん)、「牛車腎気丸」(ごしゃじんきがん)があります。

 

軽い頻尿なら、これだけで治ることも少なくありません。

頻尿の薬物療法関連ページ

排尿日誌は情報の宝庫
排尿日誌は排尿状況をつかむツールであると同時に、行動療法的な一面も持っています。
膀胱訓練
膀胱の能力をもとに戻すことで、症状を改善させることができます。
骨盤底筋体操
男性でも女性でも、頻尿や尿漏れの改善対策、予防に効果があります。
日常生活で気をつけること
男性のおしっこのトラブルを改善するための対策方法を紹介します。